派手?シンプル?どんなものがいいの?結婚指輪

結婚指輪は普段使いするもの

結婚指輪を購入するときにどんなものにするか悩む人も多いでしょう。せっかくだから派手なもの、いやそこまでお金をかけられないから地味なものなどカップルで色々相談することになるものです。中にはそれでいらない揉め事を起こしてしまう人もいるかもしれません。では実際には結婚指輪はどの程度のものにすたら良いのでしょうか。
まず婚約指輪と違って結婚指輪は普段から身に付けるものだということを、意識しましょう。いうなれば職場でも身に付けられるようなデザインであることを忘れないようにします。新郎の男性は職場で付けても違和感のないものにするのですから、あまり石が大きくて邪魔になるものや、派手なものは避けたほうが懸命でしょう。

相場は10万前後が多い

相場からすると婚約指輪の場合は給料3ヶ月とは生きませんが、数十万円と高額なものを買う人が多くいます。しかし結婚指輪に関しては、あまり派手なものも必要ないので相場は10万円前後が多くなっているのが現状です。
若いカップルの場合指輪を何個も買うお金も厳しいでしょうし、宝石は大きい物を付けないのでこのくらいの価格で2つまとめてセットで買うケースが多いです。また素材に関しては変色や錆が少ないプラチナが一般的になっています。ゴールドの場合は錆やくすみが出てきて変化が大きく、永遠の愛を誓うという意味ではふさわしくないといわれています。プラチナは耐久性が非常にある素材なので、二人の永遠のアイを誓うためのアイテムの素材として適当なのです。