一生の記念にしたい!結婚指輪のデザイン

シンプルなデザイン、フォーマルな席でも使えるデザインが多い

結婚している限りは一生つけるのが結婚指輪で、特に毎日つけるからにはデザインにはこだわりたいことでしょう。
この結婚指輪ですが、デザインに関しては非常にシンプルなものが多くなっています。
シンプルなものがいいという傾向は、特に男性に多いものです。女性なら指輪のデザインには小粒のダイヤモンドをセッティングして少しはキラキラしているものが多いのですが、男性用はシンプルなジュエリーが多く、そこまで華やかにしているものは少ない傾向があります。
ただ、最近は表面につや消し加工をしたり、木目調やダイヤカットなど細かい細工が入っているもののほうが人気があるようですね。これは細かい柄があると輝きに幅がでるということや、シンプルすぎるとつまらないからこそ少し模様を入れたい、という流行のようです。

コンビジュエリーも人気

また、デザインでいえばコンビと呼ばれる地金を使ったデザインも人気があります。
これはプラチナやホワイトゴールドなど銀色の金属と、イエローゴールドやピンクゴールドなどのいろいろな色の金を組み合わせて作ったデザインです。
ただシンプルな銀の指輪よりも色に幅が出てバラエティ豊かになり、デザインに幅が出て見た目も面白いものになるという嬉しいポイントがあるでしょう。色に関しては特にプラチナとピンクゴールドの組み合わせが主流ですが、他にも黄色のイエローゴールドとプラチナ、というものもあります。
デザインとしては、指輪の両端にラインを引くようにゴールドが見えており、中央にプラチナが見えているものが多いようですね。また、上と下で色を変える、左右で色を変える、というような工夫がなされているものもあります。